五十肩には、激しい痛みを伴う急性期、痛みが鈍痛になる慢性期、痛みがだんだん薄れていく回復期の3つの時期があるのではないでしょうか。治療方法はそれぞれの時期で異なるみたいです。急性期は、関節の炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)が強く、猛烈な痛みがあることでしょう。このとき期は安静が第一で、三角巾などで腕をつり、動かさないようにしましょう。それでも痛むのが五十肩のつらいところかと言って、痛みには消炎鎮痛薬(長期的に使い続けると、深刻な副作用が起こる危険性が高いです)で対処します。薬物には、坐薬、内服薬(薬によっては胃腸に負担をかけてしまう恐れもあるため、胃腸薬を一緒に処方されることも少なくありません)、外服薬があり、どれを利用するかはドクターの処方を受けるようにしましょう。夜も眠れないほど痛みがひどい場合は、痛みを伝える神経に局所麻酔(部分的に麻酔をするので、意識はなくなりません)薬を注射する場合もあるそうです。慢性期に入ると、痛みは落ち着き、うごかすと痛みを感じるという程度とされています。薬はどうしても痛いときだけにとどめ、主に温熱療法を行うのです。入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)したり、ホットパックやカイロなどで肩を積極的に温めることが大切だと思います。また、癒着を防ぐために、肩を動かす体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)も行ってください。痛みがだんだんなくなり、手が動かしやすくなる回復期は、体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)療法がメインでしょう。痛みがなくなり、油断しがちとはいえ、このとき期に体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)を怠ると、手が動かしにくいという運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)障害がいつまでも残るので要注意。運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)のやり方はいくつかあるため、医師と相談してご自身のやりやすい運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を積極的に行うようにしましょう。以上の他に、重症の五十肩には、内視鏡を使用した手術や、切開手術を行うこともあるんですけれど、ケースとしてはごくまれですー